ホーム > 01  当院について > 院長あいさつ

院長あいさつ

当センターは備後地区における中枢的医療拠点機関です
地域完結型医療を目指しています

備後地区は福山・府中、尾道・三原、井原・笠岡市を包含する人口約100万の都市圏です。この巨大な医療圏に位置する基幹病院として、全ての医療が質の高いレベルで地域完結するように、下記の5つの診療センタ-を設け、取り組みの努力を続けています。

運営方針

院長

(1)『 1F5S』
組織としては、徹底的に無駄を省いた機能的( Functional )な病院運営を目指し、個人としては
仕事は笑顔で( smile )、てきぱきと( Speed )、真心を込め( sincerity )、患者さんの痛みに共感する感性を磨き( sympathy )、そして、みずからの専門性を高める( speciality )べく努力します。
(2)『 Learn together and Bring up together 』
ともに学び、ともに育つ( 共学共育 型の) 学習型病院です。

病院目標

  1. 質の高い医療の維持と向上を担保する機器整備
  2. 成人・小児救急医療体制の強化
  3. 総合周産期母子医療センタ-化

体制強化

各診療科間の垣根を越えた協力体制を更に密接なものとするために、新生児センター・内視鏡センタ-に加え、4月1日付けで、「 脊椎・人工関節センタ- 」、「 頭頸部腫瘍センタ- 」、「 低侵襲治療センタ- 」 を設けました。臨床研究部・癌診療部・地域医療連携部・救急部・治験管理部・診療情報管理室・広報部・ 教育研修部の部門に加え、ICTを「 感染制御部 」 に昇格させ、医療事務作業補助者( Doctor Assistant:DA )を統括する 「 医師業務支援部 」 を新たに設け、病院の更なる機能強化を目指すこととしました。
今年度、医師13名を含め新たに70名余の職員を迎え、職員数は総計 700 名を越えました。外来管理棟の更新整備に加え、研修医棟・保育園・職員宿舎( 川口町 )の建設が新年度から開始されます。職員一同一丸となって、福山医療センタ-未曾有の更新整備計画を達成するとともに、更なる医療の質の向上を担保する医療機器整備を積極的に行い、地域医療に貢献する思いを新たにしています。

院長 岩垣博巳


PAGE TOP