病院情報

病院名 独立行政法人 国立病院機構 福山医療センター
所在地 〒720-8520 広島県福山市沖野上町4丁目14番17号【アクセス
電話番号 084-922-0001(代表)
FAX番号 084-931-3969(代表)
病院管理者 院長 岩垣博巳
病床数 374床(一般346、ICU4、NICU12、GCU12)
診療科 内科、糖尿病・内分泌内科、肝臓内科、精神科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、小児アレルギー科、小児科(循環器)、小児科(新生児)、小児心療内科、外科、消化器外科、肝臓・胆のう・膵臓外科、胃腸・内視鏡外科、食道・胃腸外科、大腸・肛門外科、乳腺・内分泌外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉・頭頸部外科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科(全34科)
利用者数(H27実績) 外来患者数(1日平均):702.5名
入院患者数(1日平均):302.6名
手術件数(年間)  :3,852件
分娩件数(年間)  :684件
救急患者数(年間) :5,629名(うち救急車受入件数1,729名)
施設基準 カスタムフィールド(PDF)
認定施設 カスタムフィールド(PDF)
指定医療 保険指定医療機関(健康保険、国民健康保険)、母子保健法指定医療機関(養育医療)
障害者総合支援法(更正医療・育成医療・精神通院)指定医療機関、戦傷病者特別援護法指定医療機関、原子爆弾被爆者指定医療機関(一般疾病、健康診断)、生活保護法指定医療機関、労災保険法指定医療機関、特定疾患指定医療機関、難病患者指定医療機関、小児慢性特定疾病指定医療機関、精神保健法指定医療機関、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第37条の2指定医療機関
保育施設 院内保育園「杉の子保育園」

沿革

明治41年4月1日 福山衛戊病院として創立
昭和12年4月1日 福山陸軍病院として改称
昭和20年12月1日 厚生省へ移管、国立福山病院となる(病床数230床)
昭和28年4月15日 併設伝染病院発足、定床35床
昭和41年7月4日 現在地に新設移転、定床350床(一般249床、結核51床、伝病50床)
昭和47年6月16日 定床460床(一般410、伝病50)(北病棟=2ケ病棟増設)
昭和48年4月1日 付属看護学院開設(昭和50年4月付属看護学校と改称)
昭和49年4月15日 事務部設置(庶務課・会計課の2課制、総看護婦長は看護部長、栄養班は栄養管理室となる)
昭和53年2月7日 輪番制病院群第2次救急医療病院に指定
昭和55年11月25日 へき地中核医療開始
昭和56年2月6日 臨床研修病院に指定
昭和58年9月1日 母子医療センター開設
昭和60年4月6日 事務部3課制(庶務課・会計課・医事課)となる
平成6年8月26日 エイズ拠点病院に指定
平成8年7月1日 ICU(4床)開設
平成11年3月30日 地域周産期母子センターに認定
平成11年9月1日 第2種感染症医療機関に指定(第2類感染症)
H11.9.1~H16.3.31(10床)
平成12年9月1日 外来全科予約制開始
平成13年3月26日 基本構想が明確化される
「がん」「成育医療」「骨・運動器疾患」の専門医療
平成14年12月1日 NICU(3床)開設
平成15年8月31日 へき地中核医療指定取消
平成16年4月1日 独立行政法人国立病院機構へ移行、福山医療センターとなる
第2種感染症医療機関(第2類感染症10床)を取消
平成17年7月19日 開放病床開設(5床)
平成18年8月31日 地域医療支援病院承認
平成19年5月1日 NICU増設(3床→6床)
平成19年5月7日 外来化学療法室開設
平成20年3月31日 附属看護学校閉校
平成21年3月19日 病棟等建替整備工事(準備工事)
平成21年4月1日 DPC病院
平成22年5月1日 NICU増設(6床→9床)
平成22年5月1日 入院基本料 7対1
平成22年11月16日 広島県指定がん診療連携拠点病院
平成23年5月1日 GCU(12床)開設
平成23年9月23日 新病棟等開棟
平成25年4月1日 NICU増設(9床→12床)
平成25年9月17日 新放射線治療棟(リニアック.ラルス)開棟

PAGE TOP