ホーム > 01  当院について > 外国人患者の方へ

外国人患者の方へ

渡航受診者および外国人患者の受け入れに関する基本方針

1.当院を受診される、渡航受診者さま、外国人患者さまの視点に立ち、患者さまを中心とした医療を提供します。
2.当院を受診される、渡航受診者さまに対してチーム医療を実践し、効率的で質の高い医療を提供します。

外国人患者の方へ

平成  年  月  日より、当院を初診で受診される外国人患者の方につきましては、健康保険証の他に在留カードまたはパスポートの提示をお願いいたします。(※永住者・特別永住者の方は除きます。)

当院は一般社団法人Medical Excellence Japan(以下MEJ)よりJapan International Hospitals として指定されており、日本における外国人患者の方の受け入れ状況の調査のため、外国人患者の方の国籍別人数についてデータ提供を求められています。なお、国籍以外のデータ(氏名、生年月日等)についてはMEJへ提供することはありません。

また、以下の対象となる外国人患者の方が当院での受診を希望される場合には、円滑で安全な診療を行うため、原則として医療コーディネート会社を通じて、手続きを行っていただきます。
【対象となる外国人患者の方】
・海外在住などの理由で、日本の公的医療保険に加入していない方(※)
※ 該当の患者さんには、診療報酬点数1点につき20円で医療費を計算いたします。診療費には別途消費税がかかります。

当院は、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(以下、EAJ)とコーディネーター業務の提携契約を結んでおります。したがって、上記【対象となる外国人患者の方】の当院受診等に関する手続きは、EAJと当院の間でのみ行いますので、受診を希望される場合は当院ではなくEAJへご連絡ください。

日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
国際医療第一部
TEL:03-3811-8600
EMAIL:mj-info@emergency.co.jp

外国人患者の方で日本語が話せない方については、安全な医療の提供を確保する観点から、医療通訳をともなっての受診をお願いしております。なお、当院には外国語によるサポートを行う用意がありますが、言語や時間帯によっては対応が困難な場合があり、また有料となる場合があります。

円滑で安全な医療の実施のため、ご理解ご協力いただきますようお願いいたします。

海外からの治療に対する受け入れ診療科

当院では、海外から治療を受けに来られる外国人患者様(海外在住で、日本の保険の公的保険に加入していない外国人患者様)に対して
消化器内科における内視鏡的粘膜下層剥離術、外科における腹腔鏡下胃切除術,腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術,膵腫瘍切除術の治療を受け入れています。また、放射線診断科におけるFDG-PET/CTの検査を受け入れています。


放射線診断科


PAGE TOP