ホーム > 09 部門 > 薬剤部

薬剤部

部門の特徴

薬剤部は、調剤室、注射室、無菌調製室、医薬品情報室、製剤室などで構成されており、医薬品の品質管理や医薬品情報の収集と提供を行い、患者さんが有効かつ安全に薬物療法を受けられるよう業務を推進しています。
最新の知見を得るために学会参加を推奨し、各種専門・認定薬剤師の育成支援など、職員の教育研修にも力を注いでいます。

業務内容

調剤室・注射室
医師の処方せんに基づいて内服薬や外用薬などの薬を取り揃え患者さんにお渡しします。この際に、薬の用法・用量や投薬期間は正しいか、飲み合わせが悪くないかなど処方内容のチェックを行ないます。
更に注射薬は、配合の可否、適切な速度で投与されているかなどをチェックしています。
当院では、外来患者さんの薬は、原則、処方せんが発行され、院外の保険薬局で受け取っていただくことになっています。

無菌調製室
抗悪性腫瘍剤は、医師の処方後、薬剤師により投与スケジュールや投与量が確認されます。その後、無菌調製室の安全キャビネット内で清潔に調製されます。

薬剤管理指導業務
薬剤師が個々の患者さんの薬物療法上の問題点を把握し、適切なアドバイスや情報提供を行うことで、患者さんが有効かつ安全な薬物療法を実行できるよう支援しています。

チーム医療への参加
当院では、医療の質や安全性の向上ため、多くの医療職種が勤務し、これらが連携・補完しあい、それぞれの専門性を発揮することで、患者さんの状況に的確に対応した医療を提供するチーム医療を実践しています。
我々薬剤師も感染対策、がん治療、緩和ケア、HIV治療、栄養サポート、口腔ケア、褥瘡対策などの多くの領域でチーム医療に貢献しています。

医薬品情報
医薬品を適正に使用するために医薬品に関する情報を収集・評価し、その情報を患者さんや医師、看護師などの医療従事者に提供しています。

治験業務
当院は治験(詳しくは治験管理部参照)に積極的に取り組んでいます。この中で薬剤師は治験コーディネーター、治験薬管理者、治験審査委員などの役割を担っています。

スタッフ

薬剤師 23名、 薬剤助手 3名  計 26名

認定・専門・指導薬剤師等取得状況

日本病院薬剤師会 生涯研修認定薬剤師 16名
日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 2名
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 2名
日本病院薬剤師会 HIV感染症薬物療法認定薬剤師 1名
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 10名
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 6名
日本薬剤師研修センター/日本小児臨床薬理学会 小児薬物療法認定薬剤師 2名
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 1名
日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師 1名
日本静脈経腸栄養学会 NST専門療法士 1名
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士 1名


PAGE TOP