ホーム > 09 部門 > 臨床検査科

臨床検査科

部門の特徴

臨床検査は、大きく2つに分かれます。
血液、尿などを調べる検体検査と、心電図など身体を直接検査する生理検査です。
どちらも、最新の自動分析器や、画像診断装置等で検査を実施し、正確で迅速な検査結果を臨床医に報告しています。
臨床検査技師は、各専門分野を担当し、NSTやICTなどにも積極的に参画し、医師、看護師などの他職種の人達と連携をとりながら、チーム医療の一端を担っています。また、夜間、休日においても必要な緊急検査等を24時間体制で対応しています。
臨床検査は現代の医療にとって、無くてはならないものになっています。

スタッフ

氏名
梶川 隆 (かじかわ ゆたか)
役職
臨床研究部長
専門分野
虚血性心疾患、冠インターベンション治療、高血圧、不整脈
卒業年度
昭和59年
資格
  • 総合内科専門医
  • 内科学会指導医
  • 循環器専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 身体障害者指定医師(心臓機能障害)
氏名
宮野 秀昭
役職
臨床検査技師長

医療関係者向け専門情報

部門の具体的な業務内容

生理機能検査:技師5名で肺機能検査、エコー検査、心カテなどの検査を行っています。
検体系(血液・一般・免疫・生化学):技師7名、助手1名で業務を行っています。分析機器はXE-2100,STA-R EVOLUTION,US-3100R,UF1000i,Ci8200です。
輸血管理室:技師2名で業務を行っています。アルブミン製剤を含む血液製剤を一元管理し輸血管管理加算Iを取得しています。Auto Vue Innovaをルーチンで使用しています。
微生物検査室:技師3名の技師で業務を行っています。Walk Away40,MIGIT320,BACTEC FXをルーチンで使用しています。
病理検査室:技師4名、助手1名で業務を行っています。病理医は週2回の来院です。

臨床検査科実績


PAGE TOP