緩和ケア

部門の特徴

がん医療における緩和ケアとは、がんに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方です。緩和ケアでは患者さんと家族が自分らしく過ごせるように、医学的な側面に限らず、いろいろな場面で幅広い対応をしていきます。(がん情報サポート ganjono.jp より) 当院では外部の緩和ケア専門医を招いて、当院をかかりつけにしている患者さんを対象に定期的に緩和ケア外来を行っています。また、入院中の患者さんに対しては緩和ケアチームが対応しています。緩和ケアチームは体の症状を担当の医師、精神科医師、緩和ケア認定看護師、薬剤師、臨床心理士、管理栄養士、理学療法士など多職種からなるチームです。チームで患者さんを診察させて頂き、色々とお話も聞かせて頂いています。主治医や担当の病棟スタッフとは定期的にカンファレンスを行い、患者さんがその人らしく過ごせるようにお手伝いをさせて頂いています。平成25年度にはリンパ浮腫に関して勉強し、資格を取得した看護師もいます。その他、緩和ケアの一環として年に一度クリスマスコンサートも主催しています。例年プロの音楽家も交えての楽しい会となっています。緩和ケアスタッフ一同、患者さんの辛さを少しでも和らげ、その方らしく過ごせるようお手伝いできれば幸いです。
【関連情報】ひまわりサロン

医療関係者向け専門情報

部門の具体的な業務内容

当院の緩和ケアとしての活動は、緩和ケアチーム、がんサロンの運営、医師研修の企画運営等を行っています。当院の緩和ケアチームは、身体症状担当の医師、精神科医師、緩和ケア認定看護師、薬剤師、臨床心理士、管理栄養士、理学療法士など多職種からなるチームです。また在宅緩和ケアを専門とする丸山ホームクリニックの丸山先生に隔週の木曜日午後に来て頂き、ご指導頂いています。また併せて、緩和ケア外来も行って頂いています。緩和ケアチームの活動としては、週に一度、チームメンバーで患者さんの元に行き、診察させて頂き、色々とお話も聞かせて頂きます。その後、主治医、担当の看護師などの病棟スタッフともカンファレンスを行い、症状緩和についてや今後の方向性など患者さんにとってよい方向へ向かうように話し合っています。緩和ケアチームでは年間30件ほどの相談を受けています。またリンパ浮腫の患者さんにもよりよい対応ができるように看護師が研修に参加しています。がんサロンでは、毎月1回のイベントを行い、患者さんやご家族に情報を提供する場としたり、相談を行う場を作っています。緩和ケアという言葉が一般に認知され、その重要性はますます高まってきています。身体的、精神的な苦痛をできるだけ除去し、患者さんがその人らしくいれるお手伝いができればと思います。


PAGE TOP