ホーム > 09 部門 > 歯科衛生士室

歯科衛生士室

部門の特徴

当院では、全病棟での「口腔管理」=「オーラルマネジメント」を歯科衛生士が行っています。お口は全身の入り口であり、健康な口腔を保つ事は健康の第1歩です。オーラルマネジメントを行う事は、誤嚥性肺炎等合併症も予防し、しっかり食事が摂れ、早期退院へと繋げる事を目的をしています。院内には、口腔に関するさまざまな情報も掲示しており、各々のご相談にも応じています。患者様、おひとりおひとりにあったオーダーメイドのオーラルマネジメントを実施しています。また、地域歯科医院とも連携をし、歯科医療連携も実施しています。

医療関係者向け専門情報

具体的な診療内容

近年、「口腔管理」=「オーラルマネジメント」は、急性期だけでなく、ライフステージにおいて重要であることは認識されています。当院では平成24年5月より全病棟での「口腔管理」=「オーラルマネジメント」を歯科衛生士が実施しています。日々の病棟ラウンドでは、医師、看護師、ST、薬剤師、MEなど多職種と協働し、密な連携を行っています。また、RSTやNSTなどのチーム医療にも参加し専門性を生かしています。平成26年度には、さらに質の高いオーラルマネジメントを行うため院内に『オーラルマネジメント委員会』を発足しました。また、院内外問わず、オーラルマネジメントの普及、シームレスな歯科医療連携を行えるよう、コーディネートにも努めています。

平成29年度 歯っぴ-サロン開催予定

歯っぴ-サロン特別篇開催案内について 2017.6.7(水)


PAGE TOP