ホーム > 04 診療科 > 循環器内科

循環器内科

診療科の特徴

当院循環器科では、主に高血圧、狭心性、心筋梗塞、不整脈をはじめとする病気の診断、治療を行っています。健康診断、人間ドックなどで「あなたは、血圧が高いですよとか心電図に異常があります。」言われた方は、気軽に相談に外来に訪れて下さい。
高血圧と言われてもあまり自覚症状の無いことが多いのですが、高血圧を治療(塩分を控えた食事療法、適度な運動療法、薬物療法)することにより、脳出血・脳梗塞)・心臓病・腎機能障害、等の臓器障害を予防し、そしてこれらの合併症による死亡率をかなり下げることができます。
また最近階段や、坂道を登ったり、夜間早朝安静にしている時でも胸部や肩から顎の下にかけての圧迫感、締め付けられるような感じを経験した方はありませんか。これらの症状は、狭心症の症状である場合があります。狭心症の段階で早めに診断をつけ適切な治療を開始することにより、あなたの心臓を守ることができます。当院では患者さまの病態に応じた生活習慣の改善、心臓リハビリテーション、薬物治療、そして適用があれば心臓カテーテルによるステントを行い、心臓外科によるバイパス手術については近隣の病院へ紹介を行っています。

スタッフ

氏  名
梶川 隆 (かじかわ ゆたか)
役  職
臨床研究部長
専門分野
虚血性心疾患、冠インターベンション治療、高血圧、不整脈
卒業年度
昭和59年
資  格
  • ◆ 総合内科専門医
  • ◆ 内科学会指導医
  • ◆ 循環器専門医
  • ◆ 日本医師会認定産業医
  • ◆ 身体障害者指定医師(心臓機能障害)
氏  名
廣田 稔(ひろた みのる)
役  職
循環器内科医長
専門分野
循環器疾患診療
卒業年度
平成11年
資  格
  • ◆ 循環器専門医
  • ◆ 内科学会認定医
  • ◆ 内科学会指導医
氏  名
池田 昌絵(いけだ まさえ)
役  職
循環器内科医長
専門分野
循環器科内科一般、心臓エコー、心臓リハビリ
卒業年度
平成17年
資  格
  • ◆ 日本循環器学会循環器専門医
  • ◆ 日本内科学会総合内科専門医
  • ◆ 心臓リハビリテーション指導士
  • ◆ 周術期経食道心エコー(JB-POT)認定医
  • ◆ 超音波医学会認定超音波専門医
氏  名
上田 亜樹(うえだ あき)
役  職
医師
専門分野
循環器内科一般
卒業年度
平成19年
資  格
  • ◆ 内科学会認定医

医療関係者向け専門情報

具体的な診療内容

当院循環器科では、主に高血圧、虚血性心疾患、心不全、不整脈をはじめとする疾患の診断、治療を行っています。
高血圧に関しては、一般的な本態性高血圧に加え、若年者の二次性高血圧、当院の特徴である母子医療を支えるため妊娠高血圧の診断治療を、食事療法、運動療法など病態に応じた薬物療法を行い、脳血管障害、心不全、虚血性心疾患、腎機能障害、等の臓器障害の予防と安全な分娩をサポートするべく診療を行っています。
また虚血性心疾患に関しましてはトレッドミル運動負荷心電図を始め負荷心筋シンチ、冠動脈CTなど種々の手段で虚血性心疾患疑い患者に対してスクリーニングをかけ、最終的には冠動脈造影検査(スパスムが疑われる症例ではAch負荷)にて確定診断を行っています。虚血性心疾患患者には、薬物療法、心臓リハビリテーションに加え適応あれば冠動脈ステント術または冠動脈バイパス術を選択しています。冠動脈造影検査、冠動脈ステント術に関して患者への術後の負担、肺塞栓予防を考え極力橈骨動脈アプローチを心がけています。
心臓リハビリテーションに関しましては2013年度より開始し、患者さんの心肺能力を心肺運動負荷試験(CPX)により嫌気性域値(AT値)を測定し、AT値に沿った安全、効率的な心臓リハビリテーションを行っています。

心不全、心臓肥大、心臓弁膜症、心筋症に関しては患者の心機能、形状を評価するには心エコーが放射線被爆もなく安全な検査として確立しています。当科では経胸壁、経食道ともreal time 3D表示で心臓を観察できる機種を導入しました。これにより僧帽弁逸脱症、心房中隔欠損症、心房細動による左心耳血栓、細菌性心内膜炎による疣腫などの種々の病態診断がより正確となり、治療方針、手術術式の決定にも役立っています。
当院には心臓血管外科はございませんが、近隣の心臓血管外科施設と緊密な連携をとりシームレスな診断治療を心がけています。
不整脈、特に徐脈性不整脈に関しましては、24時間心電図、発作時心電図等を用い症状と合わせ必要な場合にはペースメーカの植え込みを行っています。昨年よりMRI検査にも対応できるペースメーカが発売となり、新規植え込み症例にはMRI対応ペースメーカを採用し、植え込み後のハンディーの軽減に心がけています。

専門教育

循環器内科レジデントコースは当院循環器内科でまず一般診療(問診、身体所見、心電図判読、心エコー、心臓カテーテル検査、PCI等)を通じた基礎的な研修をまず2年間行い、さらに近隣または国立病院機構病院などで連携の取れた心臓血管外科併設の施設でさらに研修を深めて循環器専門医を取得する計3年のカリキュラムを設けています。
ともすれば専門病院では、技術の進歩により心カテ→PCIのみの診療になりがちな傾向がありますが、循環器診療の全般をカバーする全人的な教育を目指しています。

論文発表など

治験受け入れ可能な疾患


PAGE TOP