ホーム > 04 診療科 > 呼吸器内科

呼吸器内科

診療科の特徴

当院では基本的に学会の定めたガイドラインに基づき、病期(ステージ)に合った標準的治療をお勧めしております。そのため肺がん治療には最新のエビデンス・ガイドラインを熟知した呼吸器腫瘍内科医・呼吸器外科医と放射線治療医の存在が不可欠です。

しかしもちろん患者さん一人一人の御状態に合わせて、患者様ご自身とご相談しながら、治療方針を決定していることは言うまでもありません。例えば非小細胞がんI期でも患者様の呼吸機能が手術に耐えられなければ放射線治療をお勧めすることもありますし、IV期でも骨転移や脳転移の症状が強ければ、まず放射線治療を化学療法に先行して開始していただくなど、柔軟に対応しています。また必ず「複数の選択肢」を提示することで、なにより患者様の「治療選択の権利」を大切に考えています。

患者さんがこの福山の地でも最新の標準的治療を選択できる福山医療センターに是非あなたの肺がん治療をお任せください。

スタッフ

氏  名
岡田 俊明(おかだ としあき)
役  職
呼吸器内科医長
専門分野
呼吸器一般
卒業年度
平成9年
所属学会
日本内科学会 日本呼吸器学会 日本臨床腫瘍学会 日本呼吸器内視鏡学会 日本消化器内視鏡学会 日本肺癌学会 日本癌学会 日本がん治療認定医機構
資  格
  • ◆ 日本内科学会認定内科医
  • ◆ 日本内科学会総合内科専門医
  • ◆ 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • ◆ 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
  • ◆ 日本臨床腫瘍学会指導医
  • ◆ 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
氏  名
米花 有香(べいか ゆか)
役  職
呼吸器内科医師
専門分野
呼吸器一般
卒業年度
平成15年
資  格
  • ◆ 呼吸器専門医
氏  名
森近 大介(もりちか だいすけ)
役  職
呼吸器内科医師
卒業年度
平成19年度
資  格
  • ◆ インフェクションコントロールドクター
  • ◆ 抗菌化学療法認定医
  • ◆ 日本内科学会総合内科専門医
  • ◆ 呼吸器専門医

医療関係者向け専門情報

具体的な業務内容

当院呼吸器科(呼吸器内科)は、肺がんを中心とした呼吸器腫瘍内科の診療を専門としており、現在3名のスタッフ(呼吸器内科医・腫瘍内科医・気管支鏡医)で構成されています。

診断面では、最新の高分解能CT(HR-CT)および気管支鏡などを駆使し、すばやく正確な確定診断をモットーにしていますが、検査に対する不安を抱えた患者さん・ご家族の立場にたち、より安全な検査の施行を心がけています。

治療は最新のエビデンスに基づいて行っており、抗がん剤および分子標的薬剤を含めた化学療法、化学療法と外科的切除あるいは放射線照射を組み合わせた集学的治療を実施しています。治療方針に関しては十分に納得していただけるまで詳しく説明し、セカンド・オピニオンにも積極的に対応しています。また呼吸器外科医・放射線診断医・放射線治療医とのチーム医療を実践することで、福山の患者様にも大都市のがんセンターに勝るとも劣らない最新の肺がん診療を提供させていただけると自負しております。

最近話題になっているアスベスト関連疾患(悪性胸膜中皮腫など)については、専門施設として、詳しい問診から呼吸器外科による局所麻酔下胸腔鏡などによる診断・最新の抗がん剤による治療まで一貫した対応が可能です。

これからも当院呼吸器科は地域の医療機関の先生と連携を取りながら、福山のみならず広島県東部および岡山県西部にかけての胸部腫瘍センターとして、更に努力を重ねて参ります。

治験受け入れ可能な疾患


PAGE TOP