ホーム > 当院からのお知らせ > 講演会 > 市民公開講座2016「暮らしを支える緩和ケア」開催のお知らせ

市民公開講座2016「暮らしを支える緩和ケア」開催のお知らせ

平成28年2月13日土曜日に市民公開講座「暮らしを支える緩和ケア」が開催となります。
 緩和ケアは、がん患者さんの身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアです。
今回は「暮らしを支える緩和ケア」と題して緩和ケアについてわかりやすくお伝えします。
緩和ケアに関して院外の医師(聖路加国際病院緩和ケア科部長 林章敏先生)および院内
の医師・看護師・薬剤師による4つの講演、ならびに医療機器コーナーとして医療機器の
展示などを行います。
 休日での開催となりますが、どなたでも参加できますのでお誘い合わせの上お越しくだ
さい。多数のご来場をお待ちしています。

福山医療センター市民公開講座2016「暮らしを支える緩和ケア」

日時 平成28年2月13日(土)13:00~15:25
場所 福山市霞町1丁目10-1 まなびの館 ローズコム
定員 170名(事前申し込み・当日参加いずれも可 入場無料)

<プログラム>
最新医療機器 デモストレーションと展示
<講演>
①緩和ケアってどんなもの?
②緩和ケアで使ういろんな薬-痛み止めを中心として-
③福山医療センターでの緩和ケアへの取り組み-緩和ケアチームの活動-
④暮らしを支える緩和ケア

市民公開講座2016(暮らしを支える緩和ケア)[1]


PAGE TOP